クレジットカード現金化を利用する際に比較すべきポイントについて

便利な手段

支払いをする

数ある金策手段のなかでもクレジットカード現金化は利用しやすい方法として知る人ぞ知る取引方法です。しかし、これまでこのサービスのことを知らなかった方では、どうして使いやすいのかがわかりづらいかもしれません。実は、クレジットカード現金化は借金ではないのが特徴です。つまり、貸金業法にとらわれることなく取引ができますので、総量規制の対象となってしまっているような多重債務者の方や主婦・学生のように収入のない方でも安心して利用できるのが特徴です。さらに、カードでお金が作れるのは、取引時に改めて審査を受ける必要がないということでもあります。その分スピーディーに取引ができるため急な場面でも安心。以上のようなことが理由で、カードでお金を作るのに便利な手段として多くの方が利用しています。

貸金業法では、消費者を守るために金利の上限が設定されています。しかし、それと同時に業者の利益を確保するためにもある程度の高金利が発生してしまうことも少なくありません。ところが、カードでお金を作るクレジットカード現金化は、貸金業法ではなく、換金率はあっても利息は取りませんからこうした業者の換気率は純粋に業者毎の競争によってのみ変化すると言えるでしょう。この点を踏まえればこれから将来にわたって換金率が大きく変更されることはないといえます。もちろん、変わったとしても下がることは考えづらいでしょう。これは、逮捕されたような悪徳業者が非常に低い換金率で、カードでお金を作ることを行っていたのが根拠の一つ。80%を下回るような取引は業者にとってもリスクがありますので、今後は上がっていくのではないかと想定されます。